和紙
最近、絵を描く和紙を新しくしました。
日本画などの勉強を全くしたことが無い
私がこんなことにこだわるのも
滑稽な気がしますが…。
どうせなら日持ちの良くて上質な和紙をと思い
岐阜から和紙を取り寄せたり
和紙専門店や画材屋を巡りに巡って
自分に合う紙を探してます。

以前使っていたのは
機械漉きの和紙だったもので
手漉きの和紙になると
にじみやすくてかなわん
というかんじで結構苦戦します。
安易にドーサを引いてみれば
全然にじまなくなっちゃって。
なんて繊細な紙なんでしょう和紙って!

ついでに筆も大量に買ってきて試してみると
墨のにじみ具合などは筆に大きく左右されるのだ
とはじめて知りました。
安定した環境が変わってしまって
少しストレスたまるけど
これほど勉強になることはないですね。

結局絵のタッチによって
紙も筆も使い分ける方向で頑張ることにしました。
みんなちょいと高級品になりました。
特に岐阜は美濃の和紙なんかは
職人さんの手漉きの技術が
需要無形文化財に指定されているという
↑ひでえ間違い「重要」です。
すごい和紙なんだって。
この和紙はにじみが程よくて
水墨画っぽい絵にあいます。

いろいろ模索しながらで
エンジンかかるのが
遅くなってしまいましたが
8月21日からのPOPBOXに向けて
たくさん絵を描いていきたいです。
今までとは少し違った作風のものも
あるかもしれませんね。

ちなみに和紙が今までより高価なものなので
販売する原画は値段が少しあがると思います。
すみませんすみません。

0908011_1.jpg


08/12 01:49 | 雑記
Copyright ©  こなつ All Rights Reserved

template design by takamu