スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
第4回いってん
終戦記念日もあるので、
テーマは第二次世界大戦でございます。
手書きボールペン作品のいってんものです。



こたろうはお国のために身を捧げ、アッツ島守備隊員として
何倍もの敵を相手に一歩もしりぞくことなく、その輝かしい生涯を終えたのでありましたが、
天の上から下界をのぞいてみますと、なに世界はとほうもない
くだらないことをやっていて、中でも日本はことに見苦しい。
あきれはてては絶望する気力もなくまた(死んでしまった今となっては)
戦争のいろいろの事柄に口を挟む立場でもなかったので、
ふわふわと、世界の事情とはうらはらにのんきそうに空に浮かぶ雲の上で、
真下をかすめていく戦闘機や砲弾の音に耳を傾けて、
ぷかぷかとのんびりとした時間を過ごすことに精力を費やしておりましたが、
ある日、日本がぱっときらめいたかと思うと見たこともないすばらしい雲が立ちのぼり
雲の愛好者であった彼は、にわかにそちらに飛んでゆきごろりと横になりました。

うわあ素敵。
これじゃあまるできのこだよ。
これじゃあまるで
日本はきのこになっちゃうぜ。





こちらは人間忘れているので
悲しくならない。
反省もしないぜんぜん。





FEWMANYギャラリー
08/07 08:07 | いってん
Copyright ©  こなつ All Rights Reserved

template design by takamu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。